不用品回収業を始めるために必要な資格

起業に役立つワークインフォメーションサイト

不用品回収業とリサイクル業の違い及び営業上の留意点

スタンダートな不用品回収業のイメージと、そのイメージを形成した要因に対する私見を交えながら、不用品回収業の主だった業務を大まかにまとめ、不用品回収業のあり方に迫ることによって、不用品回収業の本質的な理解を深めるサポートを目的としたページです。

おすすめリンク

中野区の不用品回収方法

区や市によっても不用品の区分が違っていたり料金も違います。中野区での不用品回収の方法を説明します。

不用品回収業で必要な資格や役立つ資格

不用品回収業において不可欠である資格である、「一般廃棄物収集運搬業許可」、「産業廃棄物収集運搬業許可」、「古物商許可」、計三つの資格に関して簡易に触れつつ、不用品回収業を行う上で利便性の高い資格についても言及し、不用品回収全般で有用な資格をまとめることを試みました。

業務を始める前にしておきたい事前準備

本項は、業務として不用品回収業を開業するにあたって、事前に用意しておくべき道具や設備に述べると共に、事業の立ち上げに必要となる手続きや申請についても情報を提示するなど、不用品回収業を開業するために必要な準備についてオーソドックスにまとめています。

基本的な不用品回収業の活動

業務形態が似通っていることから、混同されがちな不用品回収業とリサイクル業ですが、両者は基本的に別物です。

不用品回収業とリサイクル業、それぞれの業態から両者の相違について考えてみましょう。

不用品回収業の場合、不用品の回収がメインで、引き取り不能な品はほぼなく、お金を支払って不用品の回収してもらうことが主なのですが、業者によってはリサイクル可能な不用品の買取も並行して行っており、これがリサイクル業との混同を招く一因となっています。

リサイクル業の場合は、不用品の売買を生業としていることから、買取による不用品の回収を行っていますが、不用品の売買が主であるために、リサイクルショップやリサイクル業者によって、販路や在庫の許容量に差があることから、必ずしも不用品を引き取ってもらえるわけではありません。

以上のように、不用品回収業とリサイクル業は、不用品に対するスタンスの違いがそのまま両者の相違につながっていることが分かります。

不用品回収業とリサイクル業についてその相違に触れましたが、業務形態が異なるのに対して、経営における留意点はほぼ同じで、街中で拡声器を使っての操業と、電話営業を行うことは避けるのがベターです。

なぜなら、拡声器を使っての操業と電話営業は、悪徳業者が行う違法営業にみられる手口であることから、どちらも極めてイメージが悪く、せっかく新規に事業を立ち上げたとしても、顧客を得ることが難しいためで、営業方法として無難なのは、紙媒体のチラシや広告、ネット広告などでしょうか。