起業に役立つワークインフォメーションサイト

>

不用品回収業で必要な資格や役立つ資格

不用品回収業に必須となる三つの資格

不用品の回収業は主に、一般廃棄物回収と産業廃棄物収集、古物商の三形態があり、一般廃棄物回収を行うためには「一般廃棄物収集運搬業許可」、産業廃棄物を収集するためには「産業廃棄物収集運搬業許可」、古物商として不用品やリサイクル品の売買を商うためには、「古物商許可」がそれぞれ必要とされる資格となります。

どの形態の不用品回収業務を生業とするかによって、必要となる資格には違いが生じますが、一般廃棄物回収の場合は、収集した不用品いわゆる一般廃棄物を不用品ないしリサイクル品として売買するといった形での経営形態も想定されうるため、「一般廃棄物収集運搬業許可」と「古物商許可」は、併せて取得しておいた方が望ましい資格です。

取得すると不用品回収業を円滑に営める資格

いずれの形態の不用品回収業に携わるとしても、ほぼ役立つ資格として、ダンプや大型トラック等の運搬車両の必要資格である、大型自動車の一種免許いわば、大型一種免許が挙げられるでしょう。

なぜ、大型一種免許が有効な資格であるかというと、一般廃棄物回収・産業廃棄物収集・古物商のいずれの営業形態であっても、引き取った不用品並びにリサイクル品を運搬する必要があるためで、一般廃棄物回収と産業廃棄物収集の場合は、運搬そのものが仕事の一環であることから、その必要性は明白ですし、古物商であっても、商品となる不用品とリサイクル品を運搬するために欠かせない資格と言って過言ではありません。

このように、大型一種免許は不用品回収業全般において役立つ、利便性の高い資格の一つとなっています。


この記事をシェアする